おすすめの山菜

山形県直送
山菜の女王 こしあぶら

池尻おわんのブログ-こしあぶら1

池尻おわんのブログ-こしあぶら2

こしあぶらはまだあまり知られてませんが
「たらの芽」同等の人気のある山菜になってきました。
その姿、形、味、などはもう「たらの芽」をしのぐ勢いの感があります。
「たらの芽」が「山菜の王様」なら
こしあぶらは紛れもなく「山菜の女王」です。
昔この木から油を採って
(濾して)漆(うるし)のように木などの塗料として使われたことから
「こしあぶら」の名前となったとあります
木はすらっと柔らかく上品で
若芽の姿もとっても「品」があり
「山菜の女王」と呼ぶにふさわしい木なのです。
柔らかいので彫刻の材料などにも使われます。
こちらではお彼岸などにお墓に飾る
「削り花」の材料として使われています。
木肌は白くちょっと白樺のような感じもします。
でも山には「こしあぶら」と似ている木がたくさんあって
木肌だけではわかりません。
5月の若芽を見ないと、どの木が「こしあぶら」の木なのかは判断がつきにくいのです。

こしあぶらは若芽を頂くため4月中旬~6月頭までとなっております。

今しかないこしあぶら

こちらをてんぷらに仕上げましたので
お塩で召し上がってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です