金時草

最近前菜のおひたしに登場する。
金時草
池尻おわんのブログ-金時草1
こちらは加賀野菜であり、葉と若い茎を食用にし、夏場の野菜として独特の風味があり、ゆでるとぬめり(粘り)がでる。

キンジソウの名の由来であるが、これは葉の裏面の色が「金時芋」に似た美しい赤紫色であることから「金時草」と表記されるようになり、これをキンジソウと呼ぶようになったようである。

産地 : 金沢市花園地区、高松町
ビタミンA、鉄分、カルシウムを含む夏の健康野菜で血圧の抑制効果も認められる。
しぼり汁を使ったシャーベットの、香りと自然色(アントシアニン)の美しさは最高である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です